A Look Into the Natural World Surrounding Us

August 13, 2012

Help us translated this blog post for a free bag of your choice of tea. Send translation proposals via our contact form with the URL. If we choose your full translation, you’ll get a free bag. All others who submit will get a 15% off coupon for their effort (full or partial translations okay).

まなざし

私たち人間は自分たちが思っている以上に様々な生き物に見られている。田んぼに水を引いたその次の日には、今まで野にいた蛙が待ってましたとばかりに田んぼに集まり大運動会が繰り広げられる。縄張り争いでもしているのか、そこかしこで「クークー、ワンワン」とまるで犬のような鳴き声が聞こえ、一緒にいた友人と腹を抱えて笑ってしまった。茶畑に肥料を撒いていると、肥料に含まれる魚粉を嗅ぎつけてカラスが何羽も集まり、私達が作業を終える前から肥料をついばみ始める。畑をトラクターで耕せば、土の中から飛び出すミミズをついばみに野鳥がトラクターの後を付いて歩く。畑に大豆を蒔けば、山鳩が遠くで鳴き始め、作業が終わった畑に何羽も降り立つ。大切な大豆が食べられないように、発芽するまでメッシュのシートで畑一面を覆うのだが、鳩は風でシートがはがれたところを上手く探し当てる。また、シートをはがすタイミングが早すぎれば発芽したばかりの芽を食べられてしまう。稲がすくすくと育つ田には今年も野生の鴨が二羽やってきては、せっせと草を食んでいる。人間の農作業を遠くから見つめ、その田畑で食い食われ、産み産まれ死ぬという命の循環が行われている。悩まされることも多々あるが、私たちの田畑が様々な生き物の生きる場となり、自然の営みの一部となっていることは嬉しいことだ。それと同時に人間の行動が他の生命に与える影響の大きさとその責任にも気付かされる。

私たち人間は、どうだろう?自分たち以外の小さな生き物や植物を同じような眼差しでしっかり見ているだろうか?茶畑へ子ども達と行くと、とても面白い。大人は茶木や風景全体を見ているのに対し、子ども達は、茶樹に張ったクモの巣に溜まった雨粒や、茶葉の間から顔を出す様々な虫や、落ち葉の下に隠れていたミミズを見つけては目を輝かせる。茶畑の中には茶木だけでなく、そこに生きる様々な動植物があり、それらの生命の営みの中で茶が育ち私たちの口に入ることを、子ども達の輝く目が教えてくれる。

昨年の原発事故とその後の放射能汚染を受け、ある茶農家のおじさんが「茶がかわいそうだ」と言った。人間の勝手で、発電や経済成長のために人間は自然を破壊し、原発を建て、大地をコンクリートで覆い、そして放射能を空から降らせた。放射能は人間だけでなく、何の罪もない植物や動物、すべての命を汚染した。そして汚染された農作物や魚や動物は「廃棄」された。人間への影響もさることながら、更に小さい命への影響については殆ど調査も研究もされていない事実を、目の前の子ども達に何と説明できるだろうか。

5月からの2ヶ月間、静岡県では浜岡原発再稼働の是非を問う県民投票を求める署名活動が行われ、私と父も受任者となり署名集めをした。嬉しいことに、父の呼びかけに応えて町内会が動き、町内会長、副会長や組長が署名集めに協力してくれたため、地域内の殆どの家庭を回ることが出来た。昨年の茶への放射能被害が深刻であったことだけでなく、地に根付いて生きる者にとって、故郷を失う福島の人々の痛みは他人事ではない。大切な郷里を守り、同じ過ちを繰り返さない為、多くの農家が想いを一つにしていることに胸が熱くなった。これまで保守的と言われてきた農村で大きな変化の風が吹いていることに明日への希望を見出す。

The post A Look Into the Natural World Surrounding Us appeared first on YUNOMI.




Also in Guest blogs from tea farmers & tea experts

Marushige Shimizu Tea Farm Gallery

July 18, 2015

The Shimizu family operates an award winning tea farm based in the village of Suizawa in Yokkaichi City, Mie, famous for its bankoyaki tea ware. Their tea fields span 10 hectare with a total production of about 600 kilograms specializing in Kabusecha Buy Kabusecha Shaded...

The post Marushige Shimizu Tea Farm Gallery appeared first on YUNOMI.

Read More

Obubu Tea Farms’ #tea fields in typhoon nangka

July 17, 2015

Matsumoto-san, VP of Obubu, shared with us a few photos of the tea fields in Wazuka. The main problem they are having right now is wind. Some of their plants are being shaded and the wind blowing the shading against the leaves may cause some damage...

The post Obubu Tea Farms’ #tea fields in typhoon nangka appeared first on YUNOMI.

Read More

Yokota Tea Farm’s #tea fields in the typhoon

July 17, 2015

Photographed during a lull in the rain, Yokota-san shared with us a few images of his tea fields. No problems up in Saitama as the brunt of the storm hit Western Japan (around the Kobe area).   Heavy winds though aren’t good for these baby tea...

The post Yokota Tea Farm’s #tea fields in the typhoon appeared first on YUNOMI.

Read More