Log in / Sign up
Your cart

Kirishima Tea Farm

Contact Vendor

A family-operated organic tea farm in the region of Kirishima, Kagoshima, run by 4th generation tea farmer Osamu Hayashi.

History: 100 years of farming tea

Founder: Kasuke Hayashi

Originally, Kasuke transported and sold tobacco to Tokyo. The route took him through the tea fields of Shizuoka, and inspired, he began a tea farm around 1900 with 2 hectares. He organized for tea processing (in those days handrolling) experts from Shizuoka to come to Kirishima, and contributed to the tradition of handrolling in the area.

初代 林 嘉助

1900年頃に創業、東京向けにタバコを 販売する道中に静岡県の茶業に刺激され現在地に茶畑2ヘクタールを拓く。手揉み製茶の技術者を静岡県より招致し、霧島地区に手揉み製茶技術の普及を図る。

Kirishima Tea Farm founder


Kirishima Tea Farm 2nd generation tea farmer

2nd Generation: Teiji Hayashi

In 1924, Teiji began machine-processing tea. He expanded the farm to 3 hectares and began expanding distribution in Japan creating the foundation for today's Kirishima Tea Farm

二代目 林 悌治

1924年、機械式製茶工場を開設。茶園面積を3ヘクタールに拡大。国内の販路を拡大し、茶業経営の基盤を作る。

Kirishima Tea Farm 2nd generation tea farmer

3rd Generation: Haruo Hayashi

Expanded the farm to 6 hectares in size, and registered the farm as a corporation in 1953. Due to the lack of workers available, he began harvesting by machine. In 1972, he converted the farm's processing facility from diesel engine to electric powered machinery, and expanded capacity to 60 kilograms per batch.

三代目 林 治男

茶園面積を6ヘクタールに拡大する。 1953年、霧島製茶 株式会社を設立。 人手不足のため茶摘みの機械化に取り組み 乗用型茶摘み機を開発する。 1972年、それまでディーゼルエンジン 動力の製茶工場であったが電力の供給を得、 工場を60キロ型に大型化。

Kirishima Tea Farm 3rd generation tea farmer

Kirishima Tea Farm 3rd generation tea farmer

Kirishima Tea Farm 4th generation farmer Osamu Hayashi

4th Generation Farmer: Osamu Hayashi

In 1976, Osamu successfully improved farm production efficiency by automating various processes. He installed frost prevention fans into the tea field stabilizing crop yield. In 1993, he began moving the farm to organic agricultural practices and successfully received organic certification in 2001.

四代目 林 修

1976年、茶園管理の機械化をさらに進め省力化に成功。 防霜設備を設置し収穫量の安定化を図る。 1993年、有機栽培を開始する。 2001年、JAS有機認証を取得する。

Kirishima Tea Farm

Kirishima Tea Farm's Organic Challenge

Note: Tea that has been repackaged by Yunomi is no longer considered organic according to government regulations since Yunomi is not registered as an organic packer. The tea itself is unchanged.

Kirishima Tea Farm's organic certification

Translation: "Kirishima Tea Farm" is certified organic by JAS (Japan Agricultural Standards). The Organic JAS mark indicates that the agricultural crop or processed food has met the organic standards specified by the Japanese agricultural regulations. After certification, the farm must continue to be inspected at regular intervals, so that you may be assured what you are drinking is safe.

Kirishima Tea Farm Kirishima Tea Farm Kirishima Tea Farm Kirishima Tea Farm Kirishima Tea Farm

有機栽培を始めるという事はそう簡単に出来る事ではなく、多くの時間や労力が掛かります。しかし、18年前に有機栽培を始めるきっかけは「自分の体への影響」という至ってシンプルな理由でした。

農薬散布をすれば当然虫は寄り付きませんが、 言い換えれば虫を殺す程強力であるということです。そんな農薬散布を数日から数週間作業するということは、作業員に対してよい影響があるとは思えなかったのです。

もちろん農薬は国の基準に乗っ取り適正量を散布するので、出来上がったお茶をお客様が飲む事により体への影響が出る事はありません。そして、有機・無農薬で作るお茶は決して万能ではなく、味わいがシンプルになる傾向もあるのです。

有機・無農薬への転換は想像以上に苦労の連続でした。

日本の代表品種である「やぶきた」は、甘みのある濃厚な味わいと優雅な香気が特徴だといわれ、総合的に優れた品質の品種です。

しかし、耐病性、特に炭疽病(葉に淡褐色小斑点ができ次第に大きくなり枯れてしまう病気)や輪斑病(摘採後の葉や茎の傷口から発症し、葉や茎を枯らしてしまう病気)、および網もち病(葉に白い網目状の病斑ができ、落葉を起こす病気)にも弱いのです。

少しでも病気や害虫に負けない強いお茶に育てる為に、徐々に土を変え、お茶の健康状態の観察を繰り返しました。

霧島製茶は家族だけでお茶を育てている為、とても手が足りているとは言えません。しかし、全員がお茶に対する愛情を持ち、手間を惜しまず、手入れを欠かしません。

「量より質」の優しく暖かみのあるお茶を目指します。

近所の叔母さん達の手を借り、摘採間近になると茶園に落ちている落ち葉や地面から這い登ってきた雑草を取り除きます。

これらがお茶に入らぬよう1畝ごとに、丹念に作業をします。

手袋は綿100%だと杉が刺さって上手くいかないため、掌に薄いゴムがひいてある物が良いです。この地道な努力が有機栽培・無農薬の霧島製茶を支えているのです。